枝毛は切っても大丈夫?正しい処理方法や対策とは?

ビューティファッション

女性の髪の悩みのひとつ「枝毛」。見つけてしまったときはとてもショックを受けますよね。スタイリングも思うようにできなくなってしまいますし、放置するとさらに悪化してしまいます。そこで、新たな枝毛を予防するためにも正しい枝毛の処理方法や対策をご紹介していきます。

HAIR HAIR 2018年2月8日

クリップ

枝毛は自分で切ってOK?それともNG?

枝毛はセルフカットで問題なし!

06ccd3208975f72d4f0f6a1d9bf576d7_240

キューティクルが剥がれることで起こる「枝毛」。処理に悩むかもしれませんが、枝毛はセルフカットで処理しても何の問題もありません。しかし、正しい処理の仕方は知っておかなければなりませんよ!

 

ケアで保護することは可能!

49d84e9b987dd2d5d1680ed1d13be73f_170

できてしまった枝毛は、修復することはできませんが、ヘアケア用品などで保護してあげることは可能です。気になる場合は切るのもひとつの方法。美容院で切ってもらうのも手ですよ!

 

知っておかなければならない枝毛の正しい処理方法!

枝毛より5cmほど上でカット!

b105406867e5d5aaf04a1c89888ff320_147

枝毛の部分のみカットしてしまうと、キューティクルが剥がれ手いる箇所を残す可能性があります。そうするとそこからまた枝毛になってしまいますので、必ず5cmほど上でカットしましょう!

 

使うハサミはカット専用のよく切れるものを!

b6c506c96b77445006b3722d96f8516e_74

普通のハサミなどは髪を切るのには適していません。切れにくいので髪に余計なダメージを与えてしまいますので、カット専用のよく切れるハサミを使用するようにしてください!

 

最良は美容院でこまめにカット!

94e7447d7f104b525d6f5f7b2f70f615_189

セルフカットでもOKですが、どうしても自分では見つけられなかったり切れない枝毛もあったりします。なので、美容院でしっかりとカットをしてもらうのが最良で1番安心ですよ!

 

枝毛の原因を知って予防と対策を!

シャンプー&トリートメントを見直す!

c3ae8acb890139078500b6ea6024ba0b_21

洗浄力の強いシャンプーが枝毛の要因になることがあります。強い洗浄剤が髪のキューティクルを剥がしてしまうことがあるのです。洗浄成分などを確認し、ダメージ補修成分のあることも確認しましょう。

 

髪のダメージを軽減!

49d84e9b987dd2d5d1680ed1d13be73f_170

ブラッシングの摩擦やドライヤーなどの熱で髪はダメージを受け、枝毛の原因になることがあります。また、濡れた状態はキューティクルが開いているので、強いタオルドライやそのまま寝ると摩擦で傷つくので注意です。

 

カラー・パーマは十分な期間をおく!

fd12bb75edabb642a873d60478ce03d5_490

カラー剤などはキューティクルを剥がす薬剤が含まれています。つまりダメージを負いやすいということなので、十分な間隔が必要なのです。もちろん、ダメージヘア用のケア用品でケアも必須です!

 

なんと枝毛だけを切るアイテムがある!

枝毛だけを切るアイロン「スプリットエンダープロ」

f0ef3a88e62b460803d4b3b47c18b9ae_8

スプリットエンダープロは、アメリカ発の枝毛カッターです。枝毛や切れ毛を数ミリ単位でカットしてくれるというヘアアイロン。「マイクロトリムシステム」という特許技術で枝毛のみをトリミングしてくれるそうです。

 

使い方も簡単♪

a9f506d4bdfa3a941ea76db19669d246_32

使い方は非常に簡単。通常のアイロンと同様に、乾かした髪をはさんで梳かすようにようにスーッと流すだけです。これだけで悩んでいた枝毛と簡単にさよならできてしまいます!

 

正しい処理と予防で枝毛をセルフケア!

枝毛に悩んでいても、ただ切るだけではいけません!枝毛の原因を知って正しい処理方法と予防・対策をしなければ繰り返しになってしまいますよ。日々のお手入れを見直し、しっかりとケアしていきましょう。

 

関連記事

 

 

1ハート

この記事についての みんなの考え

コメントはまだありません。
自分の意見を言ってみよう!

この記事を友達に教える

HAIR

HAIR

すぐ使えるアレンジや流行のヘア情報を毎日配信中♡ HAIR WEBサイトはこちら

HAIRの記事をもっと見る

この記事のカテゴリ

ビューティファッション

この記事のタグ

ビューティファッション