【テイラー・スウィフト】世界最大のバンド・U2も大ファン!?テイラー来日公演は、東京ドームにて開催決定!

ニュース

11月20日と21日に開催されるテイラー・スウィフト来日公演「Taylor Swift reputation Stadium Tour in Japan Presented by FUJIFILM instax 」の会場は東京ドームに決定!

SORENA運営チーム SORENA運営チーム 2018年6月19日

クリップ

あのU2も実は大ファン💖テイラー・スウィフト来日公演が東京ドームにて開催決定!

5月9日にテイラーの来日公演が11月20日と21日に開催されると発表されてから、1カ月以上会場がどこなのか明かされることなく、多くのファンが待ち焦がれていた中、遂に、テイラーにとって3年振りとなる東京ドーム公演が発表されました😳💓💓

Taylor Swift reputation Stadium Tour in Japan Presented by FUJIFILM instax と銘打たれた本公演は、最新アルバム『レピュテーション』からのヒット曲「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ~私にこんなマネ、させるなんて」や「・・・レディ・フォー・イット?」の他に、これまでの大ヒット曲「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!」や「私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない」(原題:We are Never Ever Getting Back Together)など、これまでの数々の⼤ヒット曲を加えた話題沸騰中のスタジアム・ワールドツアーになっています👍✨

テイラーのスタジアム・ワールドツアーは、2018年の7ヶ月間で、4大陸7カ国、36都市において53公演行われる予定で、アリゾナ州グレンデールでの初公演では、メインステージには約52m x 12mの巨大スクリーンがカーブしながらそびえ立ち、3つに分けられたステージで、テイラーはエレキ・ギター、ピアノ、アコースティック・ギターを演奏し2時間以上に渡り24曲を披露しています!!

また、6月に開催されたアイルランドでは、あの世界最大のバンドU2が、テイラーの楽屋にバラの花束と「アイルランドのファンクラブより・・・」と書かれた手書きのメッセージカードが贈られ、テイラーは写真と共に「(こんな素晴らしい贈り物に)心の準備が出来ていなかったわ」とInstagramで公開しています。

 

【アイルランド公演時、テイラーの楽屋に入れられていたU2からのバラの花束とメッセージカード】

【公演情報】

Taylor Swift reputation Stadium Tour in Japan

Presented by FUJIFILM instax

2018 年11 ⽉20 ⽇(⽕)、21 ⽇(⽔)

【テイラー・スウィフト最新作情報】

『レピュテーション』発売中

■ジャパン・スペシャル・エディション:CD+DVD/3,200円+税/POCS-24906/初回生産限定盤/日本独自仕様

■レピュテーション:CDのみ/2,500円+税/POCS-24013 

【テイラー・スウィフトBIOGRAPHY】

1989年12月13日生まれ、28歳。グラミー賞を10度受賞、また、グラミー賞史上グラミー賞で最も栄誉のある「年間最優秀アルバム賞」を最年少(20歳)で受賞し、「年間最優秀アルバム賞」を2度受賞歴のあるテイラーは、女性ソロアーティストとしては史上初。過去の作品の総売上枚数は4,000万枚以上、そして楽曲ダウンロード数は1.3億を超えている。更に、過去作『フィアレス』、『スピーク・ナウ』、『レッド』と『1989』の4作連続で6週以上全米1位に送り込むという、ビートルズ以来の偉業も達成している(女性アーティストとしては初)。その他、米誌『Time』は「最も影響のある世界の100人」の一人にテイラーの名前を挙げ、また、「2014年のパーソン・オブ・ザ・イヤー」の8名の中にも選出している。エミー賞の受賞者でもあるテイラーは、米ビルボード誌による「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」の最年少受賞者であり唯一2度の受賞を果たしたアーティスト。

2017年8月に急遽リリースされた「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ~私にこんなマネ、させるなんて」は、全米ビルボード3週連続、全英2週連続1位を獲得。6作目となる最新アルバム『レピュテーション』は111の国と地域においてiTunesで1位を獲得し、全英では3作品連続1位、そして全米においては、5作品連続初登場1位を獲得。しかも、全米において発売からたった4日間での売上枚数105万枚にて、2017年最も売れたアルバムに。また、同作は初週で122万売上げ、テイラーにとってアルバム発売初週に100万枚を超えるのは『スピーク・ナウ』(2010年)、『レッド』(2012年)、『1989』(2014年)に続く4作目となり、ニールセン・ミュージック史上初の快挙となった。

 

1ハート

この記事についての みんなの考え

コメントはまだありません。
自分の意見を言ってみよう!

この記事を友達に教える

この記事を書いたライター フミプリュームって何?

SORENA運営チーム

SORENA運営チーム

SORENAのおすすめ情報・キャンペーンなどをお伝えしていきます!

sorena_23

SORENA運営チームの記事をもっと見る

ランキング